太陽光発電発電量

わたしの家はどちら向き?

日本は、土地が広くないため、縦横無尽に張り巡らされ道路に沿って、家を建てるケースが多くみられます。このため、太陽光発電システムを設置する屋根が、真南を向いていない場合には、その角度によって、発電量の数値を補う必要‘性がでてきます。

 

また、地球は軸を傾むけ太陽の周りをまわっている(公転)ことから、夏至と冬至では、地球からみた太陽の高さが違うことは、よく知られています。このため、設置するパネルの傾斜によっても、その日射量は異なってきます。右図は、最も効率のよい、真南向き、パネル角度30度(ただし東京地区の場合)を基準として、それぞれの向きの補正値が示されています

 

 

パネルの方位

屋根の方位は、真南が理想とはいうものの、現在の家を回転させるわけにはいきません。屋根(家)の方位と発電量をおさえておきましょう。右の図は、東京地区の場合ですが、家の方位により、真南に比べ発電率は落ちていっています。

パネルの傾き

設置地域により、パネルの傾きを調整する必要があります。例えば、東京(北緯35.5度)の場合であれば、パネルの傾きは30度、札幌(北緯43度)であれば傾き35度、沖縄(北緯26.5度)の場合は傾き20度といったように、最も効率のよい傾きは、その地域の緯度により大きく異なります。

うちの屋根はどんな形?

  • 【切妻】:建物の端を「つま」と呼びます。この妻を切りとると、右図のような形状になることから、切妻屋根と呼ばれています。家の方向が南面であれば、太陽光発電に最適な形といえるでしょう。
  • 【寄棟】:隣接建物の日照を確保するための形状として、住宅密集地などで、数多くみられます。南面の形状が矩形(四角)ではないため、いろいろな形状を用意しているメーカーのパネルを組み合わせると、屋根を有効に活用することができます。東西方向は、発電量が若干落ちます。
  • 【陸屋根】:一般的なピルおよびビル型家屋の屋上の形状です。日照の効率を高めるため、傾斜をつけた架台を設置する必要がありますが、反面、自由度は高くなります。
  • 【片流れ屋根】:一般住宅では、日照権の関係から北側に面している例が多いですが、工場などで南面に面していると、屋根全面が使えるだけに有効に活用できます。

この他、ベランダの壁面など垂直に近い場所は、緯度の高い地域では有利に働きます。最近では、両面タイプのセルも開発されたことから、隣地との境界に設置するケースもあるようです。

年間発電量はどうやって出すのか

太陽からの日射量は、その地域の緯度や季節により変化します。

 

全国の平均日射量と年間予想発電量をまとめたものです。日射量の多い場所が太陽光発電に適してはいます。現在、北海道の稚内では、高緯度や塩害、雪害など過酷な条件のもと、5MW(5,000KW)設備の実証実験が実施されています。低温での効率向上を考えると、雪の照り返しなども含め、南の地域と遜色のない結果がでるのではないかと期待されています。

実際に自分の住所を入れてみよう

太陽光発電での発電シミュレーションは、各パネルメーカーや工事店の他、インターネットサイトでも計算することができます。

 

下図は、住環境計画研究所サイトの「SOLARCLINIC」にて、過去の日照時間を使ったシミュレーションの結果です。月別・累積発電量の他、余剰電力制度における、発電売電・買電の収支などを確認できることから、将来に向けての自宅付近のおおよその傾向がわかります。とはいえ、あくまでシミュレーションですので、実際の導入の際は、各メーカーや工事店で算出してもらうようにしましょう。